北浜で1973年から続く老舗フレンチ ルポンドシエル で誕生日ランチ①

2020年05月02日
ランチ 0

最近のブログ、仕方がないんですが外食ネタがありません(。´・(ェ)・)
ので、過去のブログ用画像フォルダから、ブログに書いていなかった話題を載せていきます。今回は、1月に行ったフレンチのランチコース。誕生月に、普段は行けないちょっと良いランチに連れて行ってもらったのですが、ブログ記事にしていませんでした。「そんな話、鼻息荒く載せてそう!」と思われているかもしれませんが、画像が多くて面倒、料理の説明などが面倒、と諸々の理由で放置されるパターンというのもありましてね(; ̄ェ ̄)
ずっと家にいる今こそ取り掛かりましょうよと言う事です。

こんな素敵なお店へ行きました
豪華なお花の飾られたレストランの店内

ルポンドシエル

土佐堀通りにあるレンガ造りの重厚なビル

陰気臭い天気の日の画像になってしまいますが、茶色いレンガ造りの建物がルポンドシエルビル。これは1926年完成の大林組旧本店ビルで、ルポンドシエルは大林組が経営しているフレンチレストランです。同じビルに同会社経営の和食のレストランも入っています。

入り口

もともとは1973年、土佐堀通りを挟んで向かい側にある大阪大林ビル(現・北浜 NEXU BUILD)の最上階にできた、本格的フレンチレストランがルポンドシエルのはじまり。2007年に現ビルに移転し今に至ります。レンガ造りのクラシカルで重厚なビルは、歴史的建造物の多い北浜~淀屋橋、また大川リバーサイドの雰囲気にもふさわしく、多くの人の記念日や特別な日の舞台になって、その歴史も通算47年になりました。

2010年からは、フランス リヨンのミシュランガイド2つ星レストラン「ギィ・ラソゼ」と提携し、伝統と進化をテーマに新しいフランス料理を提供されています。

不思議だが高そうな絵画が飾ってあったりする
ピカソもびっくりの不思議な絵

さて、お店に着いたらまずクロークがあり、コートや大きな荷物を預かっていただきます。私の人生で上着を預かってもらうような店って、他には京都の萬養軒だけかもしれん。

真っ白なテーブルクロスのかかったテーブル

白いテーブルクロスのかかったテーブルが並びます。窓の向こうは大川です。この時はランチタイムが始まってすぐだったので私たちだけでしたが、その後5組ほど来られて賑やかになりました。

レースのかかった窓から柔らかな光が注ぎます

夫はスーツで私もよそ行きで来ました。ちなみに誕生月のルポンドシエルランチはこれで2回目。前回ブログには書いていませんでしたが、その時のお料理があまりにも印象的だったので、今年の誕生日プレゼントに指名させてもらいました。

さて、ランチのメニューは2種類で、9,000円と6,200円のコースです。平日には4,000円のコースもあります。※他にサービス税10%、消費税が加算されます。
9,000円のコースのほうが内容は魅力的ではありましたが、私にとっての鬼門それはチーズ。そう、高いほうのコースはデザートの前にチーズが付くのです。それも
・フランス産フレッシュチーズ ワゴンサービス
だなんて、これは絶対に、絶対にあかんやつや…(;;;°;ω°;):
私はピザのとろけるチーズや、チーズケーキなどは好きなのですが、昔日本になかった本格的なチーズを食べると具合が悪くなってしまうのです。だからと言って、コースにあるものをパスするのは許せん。
そんなわけでして、6,200円のコースにしました。

テーブルに並んだクリストフルのシルバーカトラリー

カトラリーはクリストフル、食器はベルナルドだったりして、特別な日のお食事を演出してくれます。前回も好意を持ったポイント。

シャンパングラスを傾ける

まずはサービスでシャンパンなど出てきたりします。が、拙者は下戸であるからして、乾杯の恰好だけしてあとは夫に飲んでもらいます。ああ、とことんこういう店向けにできていない私の消化器官。

一口で食べられるアミューズ

コースが始まる前にご挨拶の一皿、手軽につまめるオードブルが出てきました。ここからはもう、見た目の美しさと味の美味しさに驚愕するのみ。

アミューズブーシュ 小さなお口始め

生のお魚を使った一皿

白身のお魚はやがら。やがらとは、あの、N700系新幹線が魚になったようなやつです。

パンとバター

お皿に乗ったプチパン

自家製フランスパンに

上品に盛られたバター

丁寧に整形されたバターはフランス産、横に添えてある塩はイギリス産とのことです。すごい大雑把な産地やな…と思いましたが、そこは外国の細かい地名を伝えても…という気遣いでもあるのかしら。

ガラスの器に入ったオリーブオイル

オリーブオイルもたっぷり出てきました。これだけでパンをいっぱい食べられそうです。

というところで、長くなりますので次回へ続く。

北浜で1973年から続く老舗フレンチ ルポンドシエル で誕生日ランチ②

続きです。前回の記事はこちらからどうぞ。 前菜の前にカナッペ状のものが出てきました。 黒い粒々はアブルーガ...

関連記事
bon
コメント投稿について
コメントは承認制です。管理人が承認しだい表示されます。
非公開コメントもOKですのでお気軽にどうぞ。

コメント0件

コメントはまだありません